ぶどうの年間作業

美味しいぶどうができるまでの1年間の作業を一部ご紹介

12月〜2月:剪定作業





剪定は、枝を切っていく作業です。

新しい枝、葉が出たときに十分に日が当たるように風通しをよくするように、

全ての枝に平等に栄養が行きわたるように、この時期に枝数を減らします。



なぜその枝を切るのか、なぜその芽で切るのか、芽の数はどれくらいにするのか、

理にかなった根拠の元行っております。



また、1本1本の樹の状態により、剪定方法も変わるため、

よく観察し、その樹を生かす剪定を行っています。



剪定が次年の生育を大きく左右するため、高い技術が必要です。



2月〜3月:粗皮はぎ、誘引作業、芽傷処理





剪定後、皮剥き、芽傷処理、誘引作業を行っていきます。



皮剥きは、病害虫防除のためです。皮の下は、樹をいじめる虫や菌の住処になるので、

丁寧に剥いていきます。



虫の住処を作らないことで、減農薬栽培が可能になります。



そしてその後、誘引作業を行います。



誘引時に、剪定の最終チェックも同時に行い、

枝の配置を整え、枝を棚に固定していきます。



剪定同様、誘引作業の仕方によって生育を左右するため、非常に重要な作業です。





その後、芽傷処理といって、芽の前に傷を入れていきます。

品種や樹により発芽しにくいことがあるためです。



果樹には頂部優勢性という特性があるため、

先端の3芽程が強く発芽します。



芽傷処理を行い、芽の前に傷を入れてあげることで、

傷を入れた芽が先端だと錯覚し、発芽生育が良くなります。



3月~4月:棚の手入れ、4月:芽欠き作業





昨年のびた巻きひげが固くなって棚に巻きついているので、

丁寧に落としていきます。



これも病害虫防除のためです。コツコツと丁寧に行っていきます。



他にも棚の手入れとして、ぶどう棚の補強を行います。

このように毎年、棚に手をかけているので、常にきれいで良い状態を維持し、

作業も気持ちもよくできます。



4月になると芽が出てきます。

芽の勢いの強すぎる芽や一箇所に多すぎる芽を、欠いていく芽欠き作業を行います。

まず一つの芽から”主芽と副芽”の二つの芽が出るのですが、副芽は全て欠き取ります。



ぶどうはこの芽から伸びる枝に花が着いていて、それがぶどうになります。



5月:新梢(しんしょう)の誘引、摘穂(てきすい)





今年伸びた枝、新梢の誘引作業を行っていきます。

新梢は放っておけばグングン伸びてしまい、強い枝と弱い枝がはっきりしてしまうため、



すべての新梢に均等に栄養がいくように、枝の強さを調整するために誘引作業をします。



枝を倒し固定することで枝の伸びる勢いを抑え、

ぶどうの実止まりを良くする効果もあります。



同時に、摘穂という作業もします。

一つの新梢には品種にも寄りますが2〜3つほど花穂(ぶどうの房)がつきます。

それを1つにしています。



同時に、副穂の切り落とし作業も行います。



6月:花穂(かすい)の整形、摘心(てきしん)、ジベレリン処理





花穂の整形といって、花が咲く前に、

ぶどうらしい形,大きさになるまで、つぶつぶを落とします。



落とす前の房には、数えきれない程の粒がついています。

そのままにすると、実止まりが悪くなり、まばらにしか実がつかなくなります。



そして、新梢の枝先を摘まむ摘心作業をします。

枝の伸びを止めることで、そこに使われていた養分がぶどうの房に行くようになり、

実止まりが良くなり、美味しいぶどうに育つのです!



その後、種無しぶどうにするためのジベレリン処理をしていきます。

満開になったぶどうの花を順に行い、2度のジベレリン処理をします。



7月:摘粒(てきりゅう)、摘房(てきぼう)、袋かけ





まだまだたくさん粒がついているので、粒を減らす摘粒を行います。



全てつけておくと、粒同士が押し合って粒が割れてしまいます。

また、粒が大きくなれず、小さい粒のぶどうになります。



そのため、徹底して粒を抜いていき、形よく大粒のぶどうに仕上げます。

全てのぶどうを、一房づつ、一粒一粒、ハサミで落とします。



房を育てるというよりは、1粒1粒を育てるという考えで栽培しております。

1粒に対して1枚の葉数を基本に、余分な粒は全て落とし、最小限の粒で房型がよいぶどうに仕上げます。



粒を少なくするほど手間はかかりますが、その分残った粒が少ないほど1粒に養分が行き渡り、

大粒で美味しいぶどうになります。



摘粒作業と同時に形の悪い房を落とす摘房作業をし、

摘粒が終わり次第、袋かけをしていきます。



ぶどうを病気や虫から実を守り、きれいなぶどうになるよう袋かけをしていきます。



ここまで非常に手間のかかる作業をし、いよいよ収穫を迎えます。



8〜9月:収穫〜出荷





いよいよ収穫作業です。

収穫期間は約1ヶ月です。



この30日のために、お客様に喜んでもらうぶどうをお届けするために、

365日ぶどうを育てています。



樹上完熟したぶどうを見極め、収穫します。

粒についてる果粉と呼ばれる白い粉が取れてしまわないよう、丁寧に取り扱います。



この白い粉は、鮮度の証であり、美味しい証でもあります。

農薬ではございませんのでご安心ください。



さらに丁寧にチェックし、厳選した房を箱に詰め、発送します。



10〜11月:堆肥、耕転、土づくり





収穫後、すぐに来年に向けての作業が始まっています。



来年の生育の元となる施肥を行い、

大量の有機物を施し、土づくりを行っていきます。



樹の様子を見て、樹によっては、有機質肥料をあげますが、

基本的には、堆肥のみで与えます。



栄養ミネラル豊富で、微生物豊富な、豊かな土を維持するため、

米ぬかやもみ殻、稲ワラなど有機資材、こだわり堆肥を投入します。



一部ではございますが、年間の作業をご紹介させていただきました。

非常に手間暇かかりますが、丁寧に取り組んでいます。



すべてはお客様の満足のためにの方針の元、

1年間ぶどうを育てております。



お客様に笑顔になっていただくことがこの上ない喜びであり、

またやりがいともなります。



ぜひ、召し上がってください!!

鮮度抜群、樹上完熟した特選ぶどうを直送いたします。



特選ぶどうのご購入はこちら

2019年特選ぶどう ご予約受付準備中。

ご予約受付開始は7月上中旬頃~の予定になります。(受付開始次第、ショッピングカートを設置致します。)

最高の美味しさをお届け致しますので、楽しみにお待ちください。

リピート率激高!極上ぶどう

甘くて深い美味しさの贅沢な高級ぶどうです。『「もう一粒、もう一粒」と止まらなくなる美味しさ』と大好評いただいております!
特選 ピオーネ(種なし)